お年賀の作法について

お年賀の相場について

意味やマナーについて

「お年賀」は「お年始」ともいい年中行事の筆頭にあたります。

上司や仲人、それぞれの実家などの家々を回り、挨拶の品を手渡し、昨年中にお世話になったお礼と、今年度のおつきあいをお願いするしきたりです。

直接手渡すものなので、お年賀を贈ることは基本的にありません

訪問の時期について

お正月は来客が多いものです。あらかじめ先方の都合を尋ねることを心がけましょう。

お宅に伺う際は「お年賀」の品を持参しますが、「お歳暮」を贈った場合は不要です。ただし、手ぶらで行きにくいのなら、値の張らないものを贈りましょう。

また、子供を連れて訪れるのは、先方に「お年玉」の負担をかけるので控えます

金額やおすすめなギフトについて

年末にお歳暮を贈っているなら、菓子折りなど「千円」程度の簡単な品を。

そうでないなら少しあらたまって「3千~5千円」程度のものを持参すると良いでしょう。

贈り先       金額の相場

職場の上司・・・・・5千~6千円

取引先・・・・・・・4千~6千円

親・親戚・・・・・・4千~5千円

仲人・・・・・・・・4千~5千円

お稽古ごとの先生・・4千~5千円

友人・・・・・・・・2千~4千円

品物の例

タオルセット、石鹸の詰め合わせ、日本酒、わいん、焼き海苔の詰め合わせなど

お年玉のマナーについて

子供がいる家庭ならポチ袋にお年玉も用意しておきましょう。

ただし、上司など目上の人のお子さんの場合、ポチ袋の名目は「お年玉」ではなく「文具代」「図書代」などに代えると丁寧です。

金額は年齢も考慮し、1ヶ月のおこづかい程度が適当でしょう。

「贈り物とお返しのマナー事典」より

「冠婚葬祭 つきあいとお金」より

達磨の紹介について

商売だるまの紹介

商売繁盛の縁起物:黒色

商売繁盛の縁起物:金色

商売繁盛の縁起物:黄色

商売繁盛の縁起物:青色

商売繁盛の縁起物:赤色

商売繁盛の縁起物:事業繁栄

福だるまの紹介

新年の縁起物:金色

新年の縁起物:オレンジ色

新年の縁起物:ピンク色

新年の縁起物:赤色

新年の縁起物:白色

新年の縁起物:黄色

長寿祝いだるまの紹介

長寿祝いの縁起物:60歳

長寿祝いの縁起物:70歳

長寿祝いの縁起物:77歳

長寿祝いの縁起物:80歳

長寿祝いの縁起物:88歳

長寿祝いの縁起物:90歳

長寿祝いの縁起物:99歳

長寿祝いの縁起物:100歳

長寿祝いの縁起物:101歳

結婚記念だるまの紹介

お正月の贈り物:結婚60周年

お正月の贈り物:結婚50周年

お正月の贈り物:結婚40周年

お正月の贈り物:結婚25周年

お正月の贈り物:結婚10周年

お正月の贈り物:寿